スウェーデンとコーヒー!

北欧情報

前に、スウェーデンの「フィーカ文化」について書きましたけど、また…コーヒーの話です。

イタリアといえばエスプレッソ、フランスはカフェ・オ・レとか…

あるいは、コーヒーはブラジルだろうとか、いやグアテマラやキリマンジャロがあるじゃないかとか…まぁ、世界にはコーヒーを巡ってもいろいろあるみたいですが…

じゃあ、世界中でコーヒーの消費国ってどうなんだろうと思ってみると、意外な世界地図が見えますね。

コーヒーの年間消費量の多い国というと、

1位:ルクセンブルク 2844杯
2位:フィンランド 1212杯
3位:デンマーク 946杯
4位:ノルウェー 921杯
5位:スイス 799杯
6位:スウェーデン 789杯
7位:ドイツ 679杯
8位:オーストリア 646杯
9位:カナダ 635杯
10位:スロベニア 606杯

ということで、イタリアもフランスも、あのスタバのアメリカも入ってない…。

「イギリス人は、紅茶ばかり…」と思っていたら…

11位:ブラジル 582杯
12位:イタリア 577杯
13位:フランス 547杯
14位:イギリス 533杯

なんと、あのエスプレッソのイタリアやカフェ・オ・レのフランスの次に多いらしく、

アメリカはずっと下がって、411杯で20位、日本はというと、340杯で30位です。

こうしてみると、2位にフィンランド、3位と4位はデンマークとノルウェー、スイスを5位において、スウェーデンは6位ですから、北欧勢が上位を占めています。

ルクセンブルグが、2位のフィンランドの倍以上の消費国でダントツ1位というのは、ちょっと意外でしたけどね。

でも、とにかく北欧の人はコーヒー好きで、僕も含めた外国からの移住者も、こっちにいると決まってコーヒー依存症になります。

何せ、「フィーカ文化」のスウェーデンですから…

昔、1ヶ月くらい日本に滞在してスウェーデンに帰る時に、それまで日本で毎日コーヒーは飲んでいたんですが、SASの飛行機に乗ってあのスウェーデンの濃いコーヒーを飲んだ途端、「あ〜、ようやっとコーヒーが飲めた!」って気になったもんでした。

はい、スウェーデンのコーヒーは濃いんです。