男らしさと、女らしさ!

北欧情報

スウェーデンは平等社会ですし、男女も同権ではありますが…

でも、まだまだ同権というにはいろいろ問題もあるようです。
何せスウェーデンには、「フェミニスト党」という政党があるくらいですから…。

少し前ですが、イチロー選手が引退すると表明した後、ご夫婦で歩いている写真がニュースで流れたのを見ました。
奥さんが、イチロー選手の後ろから、3歩くらい後に歩いていて…それが、「女性らしい」という評判だったみたいですけど…
日本では、そういう「奥ゆかしさ」というものが、「女性らしさ」として評価されるんでしょうね。

スウェーデンでは「奥ゆかしい」という言葉もないですけど、
それを「謙虚さ」といっても、それは女性らしさを表しているものにはならないと思います。

「らしさ」の話ですが…

僕がこっちに来たのは60年代も終わりの頃の話ですけど…
その時代はヒッピーの影響もあって、男と女の「らしさ」というものをなくそうとしていた時代であったと思います。

男も女も、当然着るものに違いはあるけど、当時は「ユニセックス」というのが流行って、まず見た目から男と女の違いをなくそうみたいな…

男ってあまり服装で自己主張しないみたいですけど、
でも女性は、そこに自分の思想みたいのが表れるのか…

例えば、口紅なんてつけている人もいないし、ブラジャーなんてものもしないのが普通でした。
女らしさというものを消して、出さないっていうようにですかね…

スウェーデンは春が長いので、5月も中旬になって急に初夏のようになると、街中で有名な公園なんかには、それこそ100人以上の人が日光浴するんですが、その中の多くの女性はトップレスで、そういうのも当時は普通だったです。

いわゆるウーマンリブっていうのが盛んになってきた頃ですよね…
その頃は、男らしさとか女らしさというものは何か否定的な比較の仕方で、「男と女には、全く違いがない」というのがモットーでした。